座頭市 (1967)

座頭市血煙り街道
座頭市(1989)

【ストーリー】
勝新太郎主演の時代劇シリーズ第17作目。6つになる良太を連れ、前原の宿にいるという夫の庄吉を訪ねて旅をしていたおみねは、病が重くなり、旅籠で息を引き取る。たまたま相部屋になった座頭市は、良太に杖を引かれながら、前原に向かうハメに。旅芸人の一座と知り合った市は、興行の邪魔をする金井の万造一家を得意の居合い斬りで退散させる。道中、浪人風の侍・赤塚多汁郎と懇意になった市は、前原の宿に着くが、そこは代官手附の鳥越とグルになった前原の権造一家が支配していた。庄吉が働いているという釜焼きの名人・太兵衛を訪ねたところ、1年ほど前から行方知れずだという。市は鳥越の口から庄吉の居所を聞き出そうと待ち伏せるが、闇から現れた赤塚が一刀の下に斬り捨ててしまった・・・。

【キャスト】
勝新太郎近衛十四郎高田美和朝丘雪路中尾ミエ、坪内ミキ子、伊藤孝雄、小池朝雄小沢栄太郎



youtube
関連記事

※ STRTAMIN:「Close Ad and Watch as Free User」をクリックしてから再生
エラーメッセージ
streamin
Video embed restricted for this domain が表示される場合
openload
We’re Sorry! が表示される場合
新規ウインドにURLをコピペーしてください。

トラックバック

URL :

最新記事
TopNTagCloud
CustomRssReader
検索フォーム

カテゴリ
リンク
QRコード