エージェント・オブ・シールド 05-08話

エージェント・オブ・シールド 05-08話
エージェント・オブ・シールド

シリーズではS.H.I.E.L.D.のエージェントのフィル・コールソンと彼により結成された少数精鋭チームが様々な怪事件に挑む姿が描かれる[7]。第1シーズンでチームはムカデ計画とその指導者のクレアボヤントを追跡し、最終的にその背後にはヒドラが潜んでいることを知り、さらにはS.H.I.E.L.D.自体もヒドラが関わっていたことが判明し、崩壊する。

-出演者-
クラーク・グレッグ ミン・ナ・ウェン ブレット・ダルトン クロエ・ベネット イアン・デ・カーステッカー エリザベス・ヘンストリッジ



#5 花のドレスの女 ”GIRL IN THE FLOWER DRESS“
香港でマジシャンが誘拐される事件が起きる。彼はシールドの管理下に置かれていた人物で、自らの体から炎を発生させる人体発火の能力の持ち主だった。彼は花柄のドレスの女に連れ去られ、彼女が所属する謎の組織によって特殊能力を増幅させる血清を打たれる。一方、コールソンたちは、シールドの情報が「ライジング・タイド」のハッカーから漏れたことを知り、スカイに疑いの目を向けるが…。
#6 宙に浮く死体 ”FZZT“
アメリカで謎の電気エネルギーの発生による死亡事件が起きる。その遺体は空中に浮かび上がったまま静止していた。その後も同様の事件が発生、犠牲者を調査すると、アベンジャーズのニューヨーク決戦で事後処理をした消防団のメンバーたちであることが発覚する。被害に遭っていないメンバーを訪ねると、そこには宇宙から来た凶悪な兵士「チタウリ」のマスクが…!マスクに残った恐ろしい力は調査をしていたシモンズにも襲い掛かり…
#7 バーサーカー ”THE WELL“
北欧神話に登場する神の一族・アスガルド人のソーがロンドンでの戦いから去った後、シールドのメンバーたちは現場の後処理に駆り出されていた。そんな中、ノルウェーの自然公園で古くからある大木が倒される。そこには謎の痕跡が残されていて、調査の結果、それはアスガルド人の兵士「バーサーカー」の武器の跡だった。コールソンたちは、北欧神話に詳しいランドルフ教授を訪ねるが、事件の裏にはあるカルト教団が関わっていて…?
#8 決死の潜入 ”THE HUB“
「ハブ」と呼ばれるシールドの基地のひとつに戻ったメンバーたちに、ある極秘任務が告げられる。指名されたのはエージェントのウォードとフィッツ。二人で敵地へ潜入することになるのだが、それは死と隣合せの危険な任務であった。任務の内容はシールド上層部以上の極秘事項。潜入する本人たちにすらも詳細を知らされていない状況に、仲間を心配したスカイとシモンズは、極秘情報を手に入れるためにある作戦を企てるが…!?

※ STRTAMIN:「Close Ad and Watch as Free User」をクリックしてから再生
関連記事

※ STRTAMIN:「Close Ad and Watch as Free User」をクリックしてから再生
エラーメッセージ
streamin
Video embed restricted for this domain が表示される場合
openload
We’re Sorry! が表示される場合
新規ウインドにURLをコピペーしてください。

トラックバック

URL :

最新記事
TopNTagCloud

CustomRssReader
検索フォーム

カテゴリ
リンク
QRコード