第13話「TERRA FOR MARS 彼方と此方」

第13話「TERRA FOR MARS 彼方と此方」
テラフォーマーズ
登場人物:<第1班>膝丸燈 ミッシェル・K・デイヴス アレックス・K・スチュワート
     <第2班>小町小吉 マルコス・E・ガルシア 三条加奈子
     <第4班>劉翊武 
     <その他>蛭間一郎(日本国首相)

第1班の救援にむかった燈とミッシェルは、それぞれ「バグズ」の能力を身に付けたテラフォーマーに対峙した。
ミッシェルが対したのは「ニジイロクワガタ」のテラフォーマー。その玉虫色の外殻は迷彩能力をもっており、ミッシェルは敵を見失ってしまう。
ミッシェルは第1班・ジャレットに、その「シャチ」の能力である「反響定位」によって索敵を行わせて敵を発見すると、「バクダンオオアリ」の揮発性の液体を口から噴出させ、敵の頭を吹き飛ばした。

一方、遅れて戦場に到着したアレックスは、シーラを守れなかったことを詫びるマルコスに拳で喝を入れる。今、泣いている詫びることは無意味であり、ゴキブリどもを倒してシーラの仇を討ち、任務を完璧に達成して一度は失った地球での人生を取り戻そうと語りかけ、マルコスもこれに同意した。

燈が対するのは「オケラ」の能力を備えたテラフォーマー。オケラの性質で、飛ぶ・跳ねる・掘る・泳ぐ・鳴く・走る・よじ登るなど様々な行動ができるこの個体は、劣勢を悟ると空へと逃れるが、「ツバメ」の能力をもつ三条加奈子に叩き落とされ、燈の糸によって拘束される。
しかし突然、燈の様子が急変する。
拘束を逃れたたテラフォーマーを荒々しく蹴り飛ばして馬乗りになった燈は、何かにとり憑かれたように倒れた敵に獣のような攻撃を浴びせつづける。その様子は、かつて地下闘技場で巨熊を惨殺したときのそれと同じだった。
人としての理性を失いかける燈を小吉とミッシェルが押し止める。そして、「戻ってこい」という二人の言葉で、ようやく燈は自分を取り戻した。
と、その隙にオケラ型テラフォーマーが地面を掘って闘争を図る。しかし、あらかじめ地面に張り巡らされた燈の糸が体に絡まり付き、地中で身動きが取れなくなったテラフォーマーは捕獲された。

特異型のテラフォーマーを撃退した燈たち。しかしその前にさらにテラフォーマーの軍勢が迫りくる。
様々な攻撃を仕掛けるテラフォーマーを、第1・2班の戦闘要員たちは、それぞれの能力をもって、次々に撃退していく。
「プランδ」への計画変更によって、いずれ到着する帰還船の到着まで、必ず生き残ることを胸に誓って。

しかし、この頃地球では、当初計画にあった帰還船とは別の宇宙船が火星へ打ち上げられる。
加えてこの時、火星でも、ここまで全滅を装っていた中国・アジア第4班が、何らかの目的のために、行動を開始していた。

anitube
関連記事

※ STRTAMIN:「Close Ad and Watch as Free User」をクリックしてから再生
エラーメッセージ
streamin
Video embed restricted for this domain が表示される場合
openload
We’re Sorry! が表示される場合
新規ウインドにURLをコピペーしてください。

トラックバック

URL :

最新記事
TopNTagCloud

CustomRssReader
検索フォーム

カテゴリ
リンク
QRコード